歌劇「シモン・ボッカネグラ」を指揮するヴァレリー・ゲルギエフ(2019年)
ロシア出身の世界的な指揮者、ヴァレリー・ゲルギエフが窮地に立たされています。ロシアのウクライナ侵攻に伴い、友人であるプーチン大統領と距離を取ることを求められていますが、沈黙を貫きミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を解任され、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューヨーク公演も降板されてしまいました。
Twitterタイムライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
タグ