ストラヴィンスキー四大バレエ作品 ベルナルト・ハイティンク/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1988, 95年)
ベルナルト・ハイティンクは1988年と95年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してストラヴィンスキーのバレエ音楽4曲(春の祭典、プルチネルラ、火の鳥、ペトルーシュカ)をセッション録音しています。ハイティンクらしいバランス感覚が光ります。
マーラー交響曲第9番 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1982年)
サー・ゲオルグ・ショルティはマーラーの交響曲第9番を1967年にロンドン交響楽団と録音していますが、1982年に音楽監督を務めるシカゴ交響楽団と再録音しています。テンポは少しゆったりとしバランスの取れた演奏で米国グラミー賞を受賞した名盤です。
ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」 マリス・ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団(2012年)
2012年の11月末から12月上旬に来日公演をおこなった首席指揮者のマリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団。ベートーヴェン・チクルスとして交響曲の全曲演奏をおこないました。最終日の12月1日の第九では、精緻なアンサンブルでも旦那響きを追求。ミュージック・ペンクラブのコンサート・パフォーマンス賞を受賞しています。
フランク交響曲ニ短調 カルロ・マリア・ジュリーニ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1986年)
セザール・フランクの交響曲ニ短調を3回録音したカルロ・マリア・ジュリーニ。2回目の録音は1986年2月にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して録音したもので、ベルリンフィルの凄みを感じさせ、暗さが広がります。ジュリーニらしく旋律をじんわり引き出しています。
ブルックナー交響曲第7番 カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1976年)
ドイツ=オーストリア作品を得意とした指揮者カール・ベーム。特にウィーンフィルとのブルックナーの録音はどれもオーソドックスで素晴らしいです。第7番は1976年9月の録音で、ウィーンフィルの美音を活かして伸びやかで牧歌的な演奏をおこなっています。
リスト 超絶技巧練習曲集 ヴラディーミル・アシュケナージ(1970年)
ヴラディーミル・アシュケナージはキャリア初期にフランツ・リストの作品を演奏していましたが、1970年に録音された超絶技巧練習曲集は高い集中力とカミソリのようなシャープなテクニックがただただすごいです。日本のレコード・アカデミー賞を受賞し、エフゲニー・キーシンからも高評価のアシュケナージのリストを紹介します。
ベルリオーズ 幻想交響曲 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1972年)
名盤が多いサー・ゲオルグ・ショルティとシカゴ交響楽団の初期録音ですが、1972年5月に録音されたベルリオーズの「幻想交響曲」はその代表作。米国グラミー賞のベスト・アルバムを含む三冠を受賞しています。オーケストラを鳴らし切ったスケールと溢れる躍動感がすごいです。
マーラー交響曲第7番「夜の歌」 マリス・ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(2016年)
2015年3月にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を退任したマリス・ヤンソンス。その後も良好な関係を築き、2016年9月に客演してマーラーの交響曲第7番「夜の歌」を指揮しています。ゴージャスなコンセルトヘボウ・サウンドでまろやかに聴かせます。
ラヴェル「ボレロ」他 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1976年)
巨匠サー・ゲオルグ・ショルティがシカゴ交響楽団を指揮して1976年に録音したフランスの作品集。ラヴェルの「ボレロ」やドビュッシーの交響詩「海」など、持ち前の正確なリズムとシカゴ響のダイナミックさを活かして圧巻の演奏に仕上がっています。米国グラミー賞の技術賞を受賞しています。
カルロ・マリア・ジュリーニ シカゴ・レコーディングズ
カルロ・マリア・ジュリーニは首席客演指揮者を務めていたシカゴ交響楽団を指揮して1971年にマーラーの交響曲第1番「巨人」をレコーディングしています。細部までこだわった旋律に溢れた演奏で、フレッシュさも感じます。米国グラミー賞を受賞した名盤です。
Twitterタイムライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
タグ
1976年 (17) 1977年 (11) 1978年 (13) 1979年 (11) 1980年 (12) 1987年 (12) 1988年 (12) 1989年 (11) 2019年 (16) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (68) ウィーン楽友協会・大ホール (45) エジソン賞 (15) オススメ度2 (13) オススメ度3 (72) オススメ度4 (97) オススメ度5 (107) カルロ・マリア・ジュリーニ (25) カール・ベーム (27) クラウディオ・アバド (22) クリスティアン・ティーレマン (12) グラミー賞 (25) コンセルトヘボウ (31) サー・ゲオルグ・ショルティ (45) サー・サイモン・ラトル (20) シカゴ・オーケストラ・ホール (17) シカゴ・メディナ・テンプル (14) シカゴ交響楽団 (45) バイエルン放送交響楽団 (33) フィルハーモニー・ガスタイク (11) ヘラクレス・ザール (18) ヘルベルト・フォン・カラヤン (28) ベルナルト・ハイティンク (34) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (30) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (58) マウリツィオ・ポリーニ (14) マリス・ヤンソンス (39) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (13) リッカルド・シャイー (20) レコードアカデミー賞 (22) レナード・バーンスタイン (11) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (38) ロンドン交響楽団 (11) ヴラディーミル・アシュケナージ (20)
アーカイブ