カラヤンが唯一録音したショスタコーヴィチの交響曲第10番 ベルリンフィルとの一糸乱れぬ1966年の録音

ショスタコーヴィチ交響曲第10番 カラヤン/ベルリンフィル(1966年)

このアルバムの3つのポイント

ショスタコーヴィチ交響曲第10番 カラヤン/ベルリンフィル(1966年)
ショスタコーヴィチ交響曲第10番 カラヤン/ベルリンフィル(1966年)
  • カラヤンが唯一録音したショスタコーヴィチの交響曲第10番
  • ベルリンフィルの機能性とカラヤンの音楽作りの結晶
  • 第2楽章の一糸乱れぬアンサンブル

ドミトリ・ショスタコーヴィチは第9番を完成させた後、8年間、交響曲を書かなかった。スターリンの死を受けてようやく着手したこの第10番は、ほんの3ヶ月程で完成させ、1953年12月にエフゲニー・ムラヴィンスキー指揮のレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団が初演を行った。

この曲は当時のソ連を思い浮かべさせるように、第1楽章から非常に重たい曲想。重圧と戦っている感じがする。全体を通して感じるのは、喜びではなく不安。

ショスタコーヴィチの名前Dmitri Shostakovichが、ドイツ語で頭文字を取るとD.Sch.とつづられることから、彼は自分の作品にD(レ)、S(Es=ミ♭)、C(ド)、H(シ)という音型をよく入れた。この第10番でも第3楽章に執拗なぐらいこのDSCHが入っている。

1908年生まれのカラヤンは、1906年生まれのショスタコーヴィチと同年代。しかし、ショスタコーヴィチの交響曲は第10番しか演奏しなかった。1969年のベルリンフィルのモスクワ公演でも、ショスタコーヴィチが聴衆として参加した中で彼の第10番の交響曲を演奏している。録音も3回行っているが、他の交響曲の録音はない。この曲への強い思い入れがあるのであろう。

今回紹介する録音は1966年11月、ベルリンのイエス・キリスト教会での録音。この年の4月から5月にカラヤンはベルリンフィルとともに来日し、3週間で5都市11公演もおこなっている。東京文化会館でのブルックナーの交響曲第8番のライヴ録音についてはこちらの記事で紹介している。

さてその半年後の録音がこのショスタコーヴィチなのだが、音がこもった感じがして、音質はイマイチなのが惜しい。60年代のカラヤンは、ウィーンフィルと次々と名盤を残しているが、このベルリンフィルとのショスタコーヴィチもすごい。オケの持つスケールの大きさ、金管の壮麗さ、完璧なアンサンブル、機動力などなど。

第1楽章はうまいのだが、無機質な印象がする。まるで圧政に苦しむ民衆を表現しているかのように、容赦ない苦悩を浴びせられている感じだ。

この録音で一番圧巻なのは、やはり第2楽章。息もつかずに疾走する5分足らずの楽章でこのカラヤン/ベルリンフィルの録音では4分11秒という速さ。ベルリンフィルの一糸乱れぬ精緻なアンサンブルが聴き応えある。

第3楽章は宙ぶらりんのような居心地の悪さを感じる楽章。ふざけているようにも思えるし、舞曲のようなテンポもある。ここでカラヤンとベルリンフィルは一切冗談を交えずに、シリアスにこの楽章を演奏している。

第4楽章ではベルリンフィルの名技が光る。壮年期のカラヤンらしくシャープで切れ味鋭い指揮だ。

カラヤンの完璧な音楽作りと、ベルリンフィルの圧巻の名技が掛け合わさった壮大なショスタコーヴィチ。他の交響曲も演奏して欲しかった、と思わせる名盤。

オススメ度

評価 :3/5。

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1966年11月, ベルリン、イエス・キリスト教会

【タワレコ】ショスタコーヴィチ:交響曲第10番(SHM-CD)

iTunesで試聴可能。

特に無し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。