マーラー交響曲第5番 ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1973年)
マーラー交響曲第5番 ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1973年)
  • あのカラヤンがついにマーラーを録音
  • ベルリンフィルもマーラーに慣れていない?
  • 「アダージョ・カラヤン」にも収録された第4楽章で魅せるカラヤン美学

20世紀を代表する指揮者の一人、ヘルベルト・フォン・カラヤンはマーラーを長らく演奏も録音もしてこなかった。マーラーはユダヤ人であるため、彼の作品は、戦時中ナチスの支配下にあったドイツでは演奏が規制されていた。そしてカラヤンはナチスの賛美者でもあり、ユダヤ系の作曲家の作品はあまり演奏してこなかった。平林直哉氏によると、カラヤンが初めてマーラーの作品を取り上げたのは1960年2月の「大地の歌」らしい。そして1970年に再度「大地の歌」を演奏したが、録音に対してはかなり慎重だったようだ。カラヤンのこんなコメントも出ている。

マーラーは意識的に避けてきた。彼独特の響きを出すためのパレットを持ち合わせてなかった。マーラーでは崇高から卑俗さまでの幅が極めて狭い。

ヘルベルト・フォン・カラヤン

しかし1970年代になると、カラヤンはユダヤ人作曲家であるメンデルスゾーン、マーラー、シェーンベルクの作品を意欲的に取り組み、録音もしている。マーラーでは交響曲第4番、第5番、第6番、第9番、「大地の歌」、歌曲「亡き児をしのぶ歌」、リュッケルトの詩による5つの歌曲を録音している。今回紹介するマーラーの交響曲第5番はその最初を飾ったもので、カラヤンがついにマーラーを録音したと話題になったもの。

解説書によると

His first concert performance of the Fifth with the Berlin Philharmonic in 1973 was preceded by a two-year phase of rehearsals, including an early trial recording, and much later, the present famous interpretation.

Recoding Karajan’s Mahler – The producer recalls…, Hans Weber (翻訳:Alan Newcombe)

とあり、この1973年の録音の前に2年も掛けて準備をしてきたことが書かれている。

ただ、第1楽章から自信の無さを感じるのは気のせいだろうか。タタタターのファンファーレから、勇ましさはなく、どこか手探りな感じ。静かだと思ったら急に音量が大きくなったりして、曲の流れもちぐはぐ。第1楽章の途中や第2楽章の冒頭、第3楽章の途中では金管が裏返ることもあり、天下のベルリンフィルでもこの当時はマーラーに不慣れな感じが伺える。後年、1980年代後半にベルナルト・ハイティンク、1990年代以降にクラウディオ・アバド、そして2000年代に入ってからサー・サイモン・ラトルなどとマーラーの交響曲の名演を行ってきたベルリンフィルが、1973年当時はこんな感じだったのは意外だ。正直これだけを聴くとこのカラヤン/ベルリンフィルのマーラーはイマイチだ。

ただ、そんなネガティブな印象が、第4楽章のアダージェットに進むと一変する。

本当に美しい。

この演奏は、1994年に発売されて全世界でトータル500万部を売り上げた「アダージョ・カラヤン」にも収録された1曲。カラヤン美学が詰まったうっとりするほど美しい演奏で、3楽章までのゴツゴツした演奏がこの楽章だけ自信を持って、手の内に入れた演奏になっている。ヴァーグナーやR.シュトラウスに通じるあの官能美が、ここにはある。

そして続く第5楽章では、ベルリンフィルの機動力を持ってスケールの大きな演奏を聴かせてくれる。ただ、何かしっくり来ないというか、違和感はある。クライマックスでも、響きが「そうじゃないんだよな」と思うところがある。

どうやら、このカラヤンのレコードがリリースされたとき、日本では批評家によって冷遇されたようだ。吉田秀和氏の文書「カラヤンのマーラーふたたび」によると、「音楽の外に立ったままで、少しも中に入っていない。精彩な表現が、どれもこれもひえびえとした感触」とか「ロマンティックな傾向が強く、時にそれは過度」とか書かれたようだ。

カラヤンがどうマーラーを演奏したか知る上では大事な一枚で、第4楽章アダージェットだけは別格。ただ、マーラーの交響曲第5番の名演は他にもあるし、この曲を楽しみたい人にはあまりオススメできない演奏。

オススメ度

評価 :2/5。

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1973年2月, ベルリン・イエス・キリスト教会

【タワレコ】マーラー:交響曲第5番 [UHQCD x MQA-CD]<生産限定盤>

iTunesで試聴可能。また関連動画として、この録音の5年後の1978年の同曲のリハーサル動画をベルリンフィルの公式YouTubeサイトから視聴可能。

https://youtu.be/JSoUQUdxpo0

特に無し。
1975年の米国グラミー賞「BEST CLASSICAL PERFORMANCE – ORCHESTRA」にノミネーションのみで受賞はしていない。

Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
タグ
1976年 (17) 1977年 (11) 1978年 (13) 1979年 (11) 1980年 (12) 1987年 (12) 1988年 (11) 1989年 (11) 2019年 (16) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (68) ウィーン楽友協会・大ホール (45) エジソン賞 (15) オススメ度2 (13) オススメ度3 (72) オススメ度4 (97) オススメ度5 (106) カルロ・マリア・ジュリーニ (25) カール・ベーム (27) クラウディオ・アバド (22) クリスティアン・ティーレマン (12) グラミー賞 (25) コンセルトヘボウ (31) サー・ゲオルグ・ショルティ (45) サー・サイモン・ラトル (20) シカゴ・オーケストラ・ホール (17) シカゴ・メディナ・テンプル (14) シカゴ交響楽団 (45) バイエルン放送交響楽団 (33) フィルハーモニー・ガスタイク (11) ヘラクレス・ザール (18) ヘルベルト・フォン・カラヤン (28) ベルナルト・ハイティンク (33) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (29) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (57) マウリツィオ・ポリーニ (14) マリス・ヤンソンス (39) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (13) リッカルド・シャイー (20) レコードアカデミー賞 (22) レナード・バーンスタイン (11) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (38) ロンドン交響楽団 (11) ヴラディーミル・アシュケナージ (20)
アーカイブ