トピックス

バイエルン放送交響楽団と「新世界より」を指揮するマリス・ヤンソンス(2014年)

マリス・ヤンソンスの特徴〜音楽の女神に愛された指揮者〜

指揮者マリス・ヤンソンスは誠実な人柄、音楽に対する深い解釈で多くの音楽ファンやオーケストラを魅了しました。この記事ではヤンソンスの特徴、指揮スタイル、エピソード、得意とした作曲家などをまとめています。これを読むともう一度ヤンソンスの音楽が聴きたくなりますね。

クラウディオ・アバドとルツェルン祝祭管弦楽団によるマーラーの交響曲集

アバドの境地 ルツェルン祝祭管とのマーラー交響曲集(2003-2010年)

マーラーを得意としたクラウディオ・アバド。2003年から2010年にかけて、自ら音楽監督を務めたルツェルン祝祭管弦楽団を指揮してルツェルン音楽祭で交響曲第1番から第7番と第9番を演奏しています。映像で見るからこそ味わえるアバドがたどり着いた境地。現代の最高峰のマーラー演奏と言えるでしょう。

ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集 クリスチャン・ツィメルマン/サー・サイモン・ラトル/ロンドン交響楽団(2020年)

31年ぶりのツィメルマンのベートーヴェン・ピアノ協奏曲 !相性抜群のラトル&ロンドン響と(2020年)

現代を代表するピアニスト、クリスチャン・ツィメルマンが31年ぶりにベートーヴェンのピアノ協奏曲を録音しました。相性の良いサイモン・ラトル指揮とのコンビで、ロンドン交響楽団との演奏。深い考察と寄り添うようなツィメルマンのピアノに、ラトルの斬新な変化が聴き応えがあります。

クラウディオ・アバドの2つのベートーヴェン交響曲全集

【徹底比較】ウィーンかベルリンか、アバドの新旧ベートーヴェン交響曲全集

クラウディオ・アバドの新旧のベートーヴェン交響曲全集 イタリア出身の偉大な指揮者、クラウディオ・アバド。ミラノ、ロンドン、ウィーン、ベルリン… 続きを読む »【徹底比較】ウィーンかベルリンか、アバドの新旧ベートーヴェン交響曲全集

バイエルン放送交響楽団と「新世界より」を指揮するマリス・ヤンソンス(2014年)

香り引き立つ響き ヤンソンス/バイエルン放送響 「新世界より」 (2014年)

マリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団は、2014年11月14日に、ラファエル・クーベリック生誕100周年記念のコンサートで、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」とムソルグスキー(ラヴェル編曲)の組曲「展覧会の絵」を演奏しました。バイエルン放送響から香り豊かな響きを引き出した演奏会です。