アントン・ブルックナー

作曲家アントン・ブルックナー

ブルックナー交響曲全集(Blu-ray) クリスティアン・ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン

ゆったりと骨太の演奏 ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンのブルックナー交響曲全集(2012-2019年)

クリスティアン・ティーレマンは首席指揮者を務めるシュターツカペレ・ドレスデンを指揮して、2012年から2019年にブルックナーの交響曲全集(第1番から第9番)を演奏会でライヴ録音しました。本拠地ゼンパー・オーパーを始め、新しいエルプフィルハーモニーなどホールの違いも楽しめます。ゆったりとした骨太の演奏です。

ブルックナー交響曲第8番 ベルナルト・ハイティンク/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(1981年)

長大になったハイティンク/コンセルトヘボウ管の再録音 ブルックナー交響曲第8番(1981年)

このアルバムの3つのポイント ベルナルト・ハイティンクのブルックナーの交響曲第8番 ベルナルト・ハイティンクはブルックナーを得意とした指揮者… 続きを読む »長大になったハイティンク/コンセルトヘボウ管の再録音 ブルックナー交響曲第8番(1981年)

クリスティアン・ティーレマン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のブルックナー交響曲第3番「ヴァーグナー」の演奏会 (2020年11月28, 29日) (c) NHK BSプレミアム

behind the recording 〜ティーレマン/ウィーンフィルのブルックナー交響曲第3番の映像を見て

先週のプレミアムシアターでティーレマン/ウィーンフィルの演奏会が放送 毎週日曜日の深夜に放送されるNHK BSプレミアムのプレミアムシアター… 続きを読む »behind the recording 〜ティーレマン/ウィーンフィルのブルックナー交響曲第3番の映像を見て

ブルックナー交響曲第8番 ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年来日公演

カラヤン/ベルリンフィルの1966年来日公演 直球勝負のブルックナー交響曲第8番

ヘルベルト・フォン・カラヤンとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、1966年4月から5月に来日公演をおこないました。ブルックナーについても交響曲第8番を東京文化会館で演奏し、ストレートな表現でシンフォニックに響かせていました。気迫を感じる熱演です。

ブルックナー交響曲第8番 ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1988年)

カラヤン最晩年の名演 ウィーンフィルとのブルックナー交響曲第8番(1988年)

ブルックナーの交響曲第8番にこだわり続けたヘルベルト・フォン・カラヤン。最晩年の1988年11月にウィーンフィルを指揮して交響曲第8番を録音しています。ハース版を使った演奏で、ゆったりとしたテンポで雄大に描いていきます。第2楽章は弛緩している面も否めないですが、第3楽章の美しさから第4楽章への迫力が唯一無二。カラヤンの傑作と言える演奏でしょう。

所有するサー・ゲオルグ・ショルティのCD、DVD。およそ200枚あります

ゲオルグ・ショルティの名盤 200枚聴いた中でのオススメ10選

20世紀を代表する指揮者の一人、サー・ゲオルグ・ショルティ。オペラから交響曲まで、オーケストラを鳴らしまくって多数の名演をおこない、レコーディングも数多いです。CD200枚以上を聴いてきたショルティ・ファンとして名盤を10個紹介します。