ヴァーグナー楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1995年)
サー・ゲオルグ・ショルティが晩年1995年9月にシカゴ交響楽団とライヴ録音したヴァーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』全曲録音。晩年の穏やかさも併せ持ち、ショルティのエネルギーを感じる演奏。米国グラミー賞と日本のレコード・アカデミー賞をダブル受賞した名盤です。
ブルックナー交響曲第7番 カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1976年)
ドイツ=オーストリア作品を得意とした指揮者カール・ベーム。特にウィーンフィルとのブルックナーの録音はどれもオーソドックスで素晴らしいです。第7番は1976年9月の録音で、ウィーンフィルの美音を活かして伸びやかで牧歌的な演奏をおこなっています。
メンデルスゾーン交響曲第3番「スコットランド」・第4番「イタリア」 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1985年)
ゲオルグ・ショルティはメンデルスゾーンの交響曲を1985年4月にシカゴ交響楽団を指揮してオーケストラ・ホールでセッション録音しました。第3番「スコットランド」と第4番「イタリア」とも速めのテンポで押し切り、辛口のキレのある演奏でシンフォニックに描いています。
チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1976年)
サー・ゲオルグ・ショルティは意外にもチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」を1回しか録音しませんでした。唯一の録音が1976年5月のシカゴ交響楽団との演奏。メディナ・テンプルでの凝縮された録音で、引き締まった辛口でシャープな世界観を表しています。
モーツァルト 交響曲第40番&第41番 サー・ゲオルグ・ショルティ/ヨーロッパ室内管弦楽団(1984年)
モーツァルトのオペラを多く演奏、録音してきたサー・ゲオルグ・ショルティですが、意外にも交響曲は録音がわずかです。後期交響曲の第40番と41番は初録音となったヨーロッパ室内管と1984年6月におこなわれました。楽譜に忠実ながらも引き締まった表情を見せるショルティのモーツァルトです。
リスト 超絶技巧練習曲集 ヴラディーミル・アシュケナージ(1970年)
ヴラディーミル・アシュケナージはキャリア初期にフランツ・リストの作品を演奏していましたが、1970年に録音された超絶技巧練習曲集は高い集中力とカミソリのようなシャープなテクニックがただただすごいです。日本のレコード・アカデミー賞を受賞し、エフゲニー・キーシンからも高評価のアシュケナージのリストを紹介します。
ブルックナー交響曲第9番 ムーティ/シカゴ響(2016年)
リッカルド・ムーティは音楽監督を務めているシカゴ交響楽団を指揮して、2016年6月にブルックナーの交響曲第9番をライヴ録音しています。ムーティにとって初のブルックナーの録音で、シカゴ響の健康的なサウンドでブルックナーの大作を描いた、伸びやかな旋律を引き出したムーティ渾身の演奏です。
プロコフィエフ交響曲第3番他 リッカルド・シャイー/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(1991年)
リッカルド・シャイーはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者時代、1991年5月にプロコフィエフの交響曲第3番を録音しています。シャイーにとっての現時点で唯一プロコフィエフで録音した交響曲で、10年ぶりの再録音。アヴァンギャルドな響きでカラフルなサウンドで描いています。
ベルリオーズ 幻想交響曲 サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(1972年)
名盤が多いサー・ゲオルグ・ショルティとシカゴ交響楽団の初期録音ですが、1972年5月に録音されたベルリオーズの「幻想交響曲」はその代表作。米国グラミー賞のベスト・アルバムを含む三冠を受賞しています。オーケストラを鳴らし切ったスケールと溢れる躍動感がすごいです。
ショパン ピアノ・ソナタ第2番&3番 マウリツィオ・ポリーニ(1984年)
現代を代表するピアニストの一人、マウリツィオ・ポリーニはショパンのピアノソナタ第2番と第3番を1984年に録音しました。正確なコントロールと力強い圧倒的な演奏で、丸みも感じられます。日本のレコード・アカデミー賞とオランダのエジソン賞をダブル受賞した名盤です。
Twitterタイムライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
タグ
1976年 (17) 1977年 (11) 1978年 (13) 1979年 (11) 1980年 (12) 1987年 (12) 1988年 (11) 1989年 (11) 2019年 (16) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (68) ウィーン楽友協会・大ホール (45) エジソン賞 (15) オススメ度2 (13) オススメ度3 (72) オススメ度4 (97) オススメ度5 (106) カルロ・マリア・ジュリーニ (25) カール・ベーム (27) クラウディオ・アバド (22) クリスティアン・ティーレマン (12) グラミー賞 (25) コンセルトヘボウ (31) サー・ゲオルグ・ショルティ (45) サー・サイモン・ラトル (20) シカゴ・オーケストラ・ホール (17) シカゴ・メディナ・テンプル (14) シカゴ交響楽団 (45) バイエルン放送交響楽団 (33) フィルハーモニー・ガスタイク (11) ヘラクレス・ザール (18) ヘルベルト・フォン・カラヤン (28) ベルナルト・ハイティンク (33) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (29) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (57) マウリツィオ・ポリーニ (14) マリス・ヤンソンス (39) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (13) リッカルド・シャイー (20) レコードアカデミー賞 (22) レナード・バーンスタイン (11) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (38) ロンドン交響楽団 (11) ヴラディーミル・アシュケナージ (20)
アーカイブ