現代を代表するピアニストの一人、マウリツィオ・ポリーニのムック本「マウリツィオ・ポリーニ 〜『知・情・意』を備えた現代最高峰ピアニストのすべて」が音楽之友社より2020年11月10日にリリースされました。

このタイミングで出版されるのは引退してしまうのかな?自伝なのかな?と身構えてしまったのですが、中身を見てみると、これまで「音楽の友」や「レコード芸術」に載ったポリーニの記事をまとめているムック本でした。ちょっと安心した一方で、今のポリーニが語る心境とか振り返りとかを読みたかったという気持ちもあります。

マウリツィオ・ポリーニ ムック
マウリツィオ・ポリーニのムック本

中身を読んでみると、1970年代から比較的最近までの写真やインタビュー記事が満載。ポリーニの演奏を知る上で、彼がどのように考えていたのかを知ることができる貴重なリソースになっています。

これまでFC2ブログではポリーニの演奏、録音を多く紹介してきたのですが、新しい音楽の羅針盤Webサイトに移行してからは、正直書ききれておりません。オススメしたい演奏だけでもかなり数多いので、順番に書いていきたいと思います。

【タワレコ】マウリツィオ・ポリーニ 「知・情・意」を備えた現代最高峰のピアニストのすべて
Category
Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
タグ
1976年 (17) 1977年 (11) 1978年 (13) 1979年 (11) 1980年 (12) 1987年 (12) 1988年 (11) 1989年 (11) 2019年 (16) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (68) ウィーン楽友協会・大ホール (45) エジソン賞 (15) オススメ度2 (13) オススメ度3 (72) オススメ度4 (97) オススメ度5 (106) カルロ・マリア・ジュリーニ (25) カール・ベーム (27) クラウディオ・アバド (22) クリスティアン・ティーレマン (12) グラミー賞 (25) コンセルトヘボウ (31) サー・ゲオルグ・ショルティ (45) サー・サイモン・ラトル (20) シカゴ・オーケストラ・ホール (17) シカゴ・メディナ・テンプル (14) シカゴ交響楽団 (45) バイエルン放送交響楽団 (33) フィルハーモニー・ガスタイク (11) ヘラクレス・ザール (18) ヘルベルト・フォン・カラヤン (28) ベルナルト・ハイティンク (33) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (29) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (57) マウリツィオ・ポリーニ (14) マリス・ヤンソンス (39) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (13) リッカルド・シャイー (20) レコードアカデミー賞 (22) レナード・バーンスタイン (11) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (38) ロンドン交響楽団 (11) ヴラディーミル・アシュケナージ (20)
アーカイブ