マリス・ヤンソンスが亡くなって早11ヶ月。ここ数年、毎日ヤンソンスの録音を聴いているのですが、楽譜やオーケストラから素晴らしい音楽を引き出しているなとしみじみ思います。最後の録音、バイエルン放送響とのアメリカ・カーネギーホールでのライヴ演奏が来週にリリース予定で、それがいよいよ本当に最後になってしまいます。

そして先週リリースされたのが、マリス・ヤンソンス オスロ・フィル・レコーディングズ(英語タイトルはMariss Jansons The Oslo Years)。ヤンソンスは1979年から2002年の長期に渡ってノルウェーのオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務め、この楽団を世界最高水準に引き上げたと言われています。旧EMI(現ワーナー)でレコーディングされたCD21枚と、ノルウェー放送協会で放送されたコンサート映像が世界初公開としてDVD5枚でリリース。

私はマリス・ヤンソンスが指揮したものは2000年以降の演奏ばかり聴いているので、オスロ・フィル時代はどうだったのかなと思い、購入してみました。CDだけだと迷ったかもしれませんが、DVDが5枚も付いていて、指揮姿も見られるのは嬉しいですね。即決でした。

マリス・ヤンソンス オスロ・フィルレコーディングズ
マリス・ヤンソンス オスロ・フィルレコーディングズはCD21枚、DVD5枚。

ジャケット写真のヤンソンスが若い!

演奏は1985年〜2002年が収録されています。パッと見、ドヴォルザーク、シベリウス、近代ロシアの作曲家(ムソルグスキー、チャイコフスキー、プロコフィエフ)が多い印象で、どういう演奏なのか楽しみです。

少しずつオスロ・フィル・レコーディングズのCD/DVDを紹介しています。下記のリンクから個別の記事もご覧ください。

【タワレコ】マリス・ヤンソンス オスロ・フィル・レコーディングズ [21CD+5DVD]
Category
Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
カテゴリー
タグ
1976年 (19) 1977年 (13) 1978年 (16) 1980年 (13) 1986年 (12) 1987年 (13) 1988年 (14) 1989年 (13) 2019年 (17) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (78) ウィーン楽友協会・大ホール (56) エジソン賞 (18) オススメ度2 (14) オススメ度3 (75) オススメ度4 (108) オススメ度5 (123) カルロ・マリア・ジュリーニ (26) カール・ベーム (28) キングズウェイ・ホール (12) クラウディオ・アバド (24) クリスティアン・ティーレマン (17) グラミー賞 (29) コンセルトヘボウ (35) サー・ゲオルグ・ショルティ (53) サー・サイモン・ラトル (21) シカゴ・オーケストラ・ホール (20) シカゴ・メディナ・テンプル (16) シカゴ交響楽団 (49) バイエルン放送交響楽団 (35) フィルハーモニー・ガスタイク (14) ヘラクレス・ザール (21) ヘルベルト・フォン・カラヤン (30) ベルナルト・ハイティンク (37) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (31) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (60) マウリツィオ・ポリーニ (16) マリス・ヤンソンス (42) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (14) リッカルド・シャイー (21) レコードアカデミー賞 (23) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (42) ロンドン交響楽団 (13) ヴラディーミル・アシュケナージ (23)