この頃は、次期音楽監督や首席指揮者の決定がホットです。以前の記事紹介したように、ロンドン交響楽団の次期首席指揮者はアントニオ・パッパーノ。その前の記事で紹介したように、バイエルン放送交響楽団の次期首席指揮者はサー・サイモン・ラトルです。

日本でもNHK交響楽団では2015年9月から首席指揮者のポジションにパーヴォ・ヤルヴィが就任していて、N響のさらなる飛躍に大貢献しましたが、6年目を迎えそろそろ次の首席指揮者が誰になるのか、色々と取り沙汰されていました。

そして今日、4月9日にNHK交響楽団より発表があり、2022年9月からの次期首席指揮者には、イタリア出身のファビオ・ルイージが就任することが発表されました。首席指揮者の契約は2022年9月から3年間とのことです。


【NHK交響楽団】ファビオ・ルイージ NHK交響楽団 首席指揮者に就任-2022/23シーズンから(2021年4月9日)

N響の次期首席指揮者に就任する予定のファビオ・ルイージ(NHK交響楽団のニュースより)
ファビオ・ルイージ
画像ソース:https://www.nhkso.or.jp/img/news/210409.jpg

首席指揮者就任に先立ち、ルイージは今年2021年12月におこなわれるN響のべートーヴェン第九演奏会でも指揮することが予定されているとのこと。楽しみですね。

Category
Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
カテゴリー
タグ
1976年 (19) 1977年 (13) 1978年 (16) 1980年 (13) 1986年 (12) 1987年 (13) 1988年 (14) 1989年 (13) 2019年 (17) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (78) ウィーン楽友協会・大ホール (56) エジソン賞 (18) オススメ度2 (14) オススメ度3 (76) オススメ度4 (107) オススメ度5 (124) カルロ・マリア・ジュリーニ (26) カール・ベーム (28) キングズウェイ・ホール (12) クラウディオ・アバド (24) クリスティアン・ティーレマン (17) グラミー賞 (29) コンセルトヘボウ (35) サー・ゲオルグ・ショルティ (53) サー・サイモン・ラトル (21) シカゴ・オーケストラ・ホール (20) シカゴ・メディナ・テンプル (16) シカゴ交響楽団 (49) バイエルン放送交響楽団 (35) フィルハーモニー・ガスタイク (14) ヘラクレス・ザール (21) ヘルベルト・フォン・カラヤン (30) ベルナルト・ハイティンク (37) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (32) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (61) マウリツィオ・ポリーニ (16) マリス・ヤンソンス (42) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (14) リッカルド・シャイー (21) レコードアカデミー賞 (23) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (42) ロンドン交響楽団 (13) ヴラディーミル・アシュケナージ (23)