2021/07/22更新:録音を聴いた感想をこちらの記事にまとめました。

2021/05/11初稿

驚きました!

孤高のピアニストとも言える、クリスチャン・ツィメルマンが、2回目のベートーヴェンのピアノ協奏曲全集をレコーディングしたんです。

1回目はレナード・バーンスタイン指揮のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と1989年に第3番から第5番「皇帝」をライヴ録音し、バーンスタインの逝去に伴い第1番と第2番はツィメルマン自ら指揮とピアノを弾き振りして1991年12月にセッション録音しています。

あれから30年あまり。

栗毛が眩しかったツィメルマンもすっかり白髪になってしまいました。

そのツィメルマンが、今度はサー・サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を再録音したようです。

2021年7月9日にリリースされる予定のクリスチャン・ツィメルマンとサイモン・ラトルによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集
2021年7月9日にリリースされる予定のクリスチャン・ツィメルマンとサイモン・ラトルによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集

ツィメルマンとラトルと言えば、ブラームスのピアノ協奏曲や、バーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」の録音がありますが、現代を代表する大物コンビの演奏に俄然興味が湧きます。

Amazon MusicやiTunesでは製品ページがありましたが、CDディスクとしてはまだタワーレコードやAmazonでも取り扱っていません。ページすら存在していません。

7月9日にリリースとのことなので、あと数週間以内には予約ができるようになると思いますので、その時にはまたこの記事も更新していきます。

5月14日にタワーレコード、Amazon、楽天などで製品ページが登場しました。

【タワレコ】クリスチャン・ツィメルマン ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 [3UHQCD x MQA-CD]

ドイツ・グラモフォンの製品ページ(ピアノ協奏曲全集)iTunesで試聴可能です。

また、リリース日に合わせて7月9日にドイツ・グラモフォンの公式YouTubeサイトでピアノ協奏曲第5番「皇帝」の第2楽章の動画が閲覧可能になりました。

Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
カテゴリー
タグ
1976年 (21) 1977年 (15) 1978年 (18) 1980年 (14) 1985年 (14) 1987年 (17) 1988年 (15) 1989年 (14) 2019年 (20) アンドリス・ネルソンス (19) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (80) ウィーン楽友協会・大ホール (57) エジソン賞 (18) オススメ度2 (14) オススメ度3 (78) オススメ度4 (115) オススメ度5 (143) カルロ・マリア・ジュリーニ (27) カール・ベーム (28) キングズウェイ・ホール (14) クラウディオ・アバド (24) クリスティアン・ティーレマン (18) グラミー賞 (29) コンセルトヘボウ (35) サー・ゲオルグ・ショルティ (54) サー・サイモン・ラトル (22) シカゴ・オーケストラ・ホール (23) シカゴ・メディナ・テンプル (16) シカゴ交響楽団 (52) バイエルン放送交響楽団 (35) フィルハーモニー・ガスタイク (16) ヘラクレス・ザール (21) ヘルベルト・フォン・カラヤン (31) ベルナルト・ハイティンク (37) ベルリン・イエス・キリスト教会 (22) ベルリン・フィルハーモニー (33) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (64) マウリツィオ・ポリーニ (16) マリス・ヤンソンス (42) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (17) リッカルド・シャイー (21) レコードアカデミー賞 (26) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (42) ロンドン交響楽団 (14) ヴラディーミル・アシュケナージ (27)
Categories