このアルバムの3つのポイント

シューマン 「子供の情景」・「クライスレリアーナ」 マルタ・アルゲリッチ(1983年)
シューマン 「子供の情景」・「クライスレリアーナ」 マルタ・アルゲリッチ(1983年)
  • アルゲリッチの「子供の情景」と「クライスレリアーナ」のアルバム
  • 鮮やかな色彩とほとばしる情熱
  • キーシンも「至高の名演奏」と絶賛

エフゲニー・キーシンは現代を代表するピアニストですが、彼の自伝で、マルタ・アルゲリッチの「クライスレリアーナ」について絶賛しています。

私見では、アルゲリッチが演奏するシューマンの「クライスレリアーナ」は、演奏芸術全体における至高の名演奏のひとつだと思う。

エフゲニー・キーシン, エフゲニー・キーシン自伝第3章「想いはめぐり」の「現代のピアニストたちとの関係」より

キーシン自体も最高峰のピアニストなのですが、その彼がここまで絶賛するアルゲリッチのクライスレリアーナ、聴いてみたくなりますよね。

キーシンがアルゲリッチのどの演奏を聴いたのかは分かりませんが、録音では、アルゲリッチの「クライスレリアーナ」はドイツ・グラモフォン1983年4月にミュンヘンで録音したものが唯一です。

今日はシューマンの「子供の情景」と「クライスレリアーナ」のアルバムを紹介したいと思います。

シューマンのピアノ曲は、大胆な音色の重なり方や詩情が特徴的。単なる演奏技術だけではなく、ロマン溢れる物語をどう語るかという表現力も要求される音楽です。

アルゲリッチの「クライスレリアーナ」は鮮明な色彩で大胆なタッチで描き、そして情熱がほとばしります。アルゲリッチは感性で演奏するピアニストだと思っていますが、その天才がこの「クライスレリアーナ」を見事に捉えています。

カップリングされている「子供の情景」は「クライスレリアーナ」の激しさと違って優しさがあります。まるでアルゲリッチが童心に帰ったかのように、純粋無垢に1曲1曲を弾き分けています。有名な「トロイメライ」ではたっぷりと余韻を持たせてしっとりと弾いているのですが、奔放なイメージのアルゲリッチがここまで詩情豊かに演奏するなんて驚きでした。

キーシンが絶賛した「クライスレリアーナ」を含むアルゲリッチによるシューマンのアルバム。聴くと確かにすごい演奏です。

オススメ度

評価 :5/5。

ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
録音:1983年4月, ミュンヘン・バイエルン科学・人文学アカデミー会議ホール

iTunes及び上記のタワーレコードの商品ページから試聴可能。

特に無し。

Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
カテゴリー
タグ
1976年 (21) 1977年 (15) 1978年 (17) 1980年 (14) 1985年 (13) 1987年 (17) 1988年 (15) 1989年 (14) 2019年 (18) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (79) ウィーン楽友協会・大ホール (57) エジソン賞 (18) オススメ度2 (14) オススメ度3 (76) オススメ度4 (114) オススメ度5 (140) カルロ・マリア・ジュリーニ (26) カール・ベーム (28) キングズウェイ・ホール (14) クラウディオ・アバド (24) クリスティアン・ティーレマン (18) グラミー賞 (29) コンセルトヘボウ (35) サー・ゲオルグ・ショルティ (54) サー・サイモン・ラトル (21) シカゴ・オーケストラ・ホール (22) シカゴ・メディナ・テンプル (16) シカゴ交響楽団 (51) バイエルン放送交響楽団 (35) フィルハーモニー・ガスタイク (16) ヘラクレス・ザール (21) ヘルベルト・フォン・カラヤン (30) ベルナルト・ハイティンク (37) ベルリン・イエス・キリスト教会 (22) ベルリン・フィルハーモニー (32) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (62) マウリツィオ・ポリーニ (16) マリス・ヤンソンス (42) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (16) リッカルド・シャイー (21) レコードアカデミー賞 (26) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (42) ロンドン交響楽団 (13) ヴラディーミル・アシュケナージ (27)
Categories