このアルバムの3つのポイント

バッハ ピアノ・トランスクリプションズ 福間洸太朗(2020年)
バッハ ピアノ・トランスクリプションズ 福間洸太朗(2020年)
  • コロナ下で人々が求めたバッハの曲
  • 慈愛に満ちたピアノの響き
  • 福間洸太朗自身の編曲も

昨年リリースされたベートーヴェンのピアノ・ソナタ集に続く、ピアニストの福間 洸太朗(ふくま こうたろう)さんの新リリースはバッハ。

2020年はコロナ禍の影響で、演奏会が延期・中止となり、福間さん自身も不安を感じたと言います。そんな中、SNSでどんな音楽を聴きたいか尋ねたところ、多くの人が「バッハ」と答えたそうです。

コロナ下の人々が求めた音楽がバッハ。福間さんもバッハを弾いてみたいと考えていたそうですが、SNSでリクエストしたものが演奏されるようになるとは、今時ですね。

今回紹介するアルバムは「バッハ ピアノ・トランスクリプションズ」。バッハの曲と言っても、バッハが作曲した音楽を往年のピアニストや音楽家が「編曲」した以下の12曲が収録されています。

  1.  アリア「羊は安らかに草を食み」~カンタータ「わが楽しみは元気な狩のみ」BWV 208より(編曲:エゴン・ペトリ)
  2. コラール「目覚めよ、と呼ぶ声あり」BWV 645(編曲:フェルッチョ・ブゾーニ)
  3. コラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」BWV 659(編曲:フェルッチョ・ブゾーニ)
  4. コラール「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」BWV 639(編曲:フェルッチョ・ブゾーニ)
  5. コラール「主よ、人の望みの喜びよ」~カンタータ「心と口と行いと命もて」BWV 147より(編曲:マイラ・ヘス)
  6. シンフォニア(序曲)~カンタータ「神よ、われら汝に感謝す」BWV 29より(編曲:カミーユ・サン=サーンス)
  7. 前奏曲とフーガ イ短調 BWV 543(編曲:フランツ・リスト)
  8. シチリアーノ~フルート・ソナタ 変ホ長調 BWV1031より(編曲:ヴィルヘルム・ケンプ)
  9. シャコンヌ ~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004より(編曲:ヨハネス・ブラームス)
  10. アリア「憐れみ給え、わが神よ」~マタイ受難曲 BWV 244より(編曲:福間洸太朗)
  11. パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV 582(編曲:オイゲン・ダルベール)
  12. コラール「バビロンの流れのほとりにて」BWV653(編曲:サムイル・フェインベルク)

ブゾーニの編曲が多いですが、7番の前奏曲とフーガは名ピアニストで作曲家としても有名なフランツ・リスト。そして8番のシチリアーノは名ピアニストのヴィルヘルム・ケンプの編曲ですし、9番のシャコンヌはブラームスが編曲したもの。

さらに、福間さん自身の編曲が10番のアリア「憐れみ給え、わが神よ」。CDのブックレットに福間さんの解説が載っていますが、これは作曲家の武満徹が好んだ曲で、新作に取り掛かる前にこの曲を弾いたというエピソードがあるそうです。2007年におこなった「ピアノによる武満徹へのオマージュ」という演奏会で初披露したそうです。

録音会場の相模湖交流センターのラックスマンホールは、HPによるとベーゼンドルファーのModel 275を保有しているとのことですが、今回の録音で福間さんが使用したピアノはベヒシュタインのModel D282です。ベヒシュタインをコンサートホールに持ち込んだわけですね。

このアルバムはまさにコロナ下で聴いて欲しい1枚。どれもじっくりとピアノに向き合って取り組んだ感じがして、慈愛に満ちた演奏です。

何よりも選曲が見事で、最初の「羊は安らかに草を食み」が少しウキウキした気持ちで静かに始まり、第2曲の「目覚めよ、と呼ぶ声あり」はしんみりと。そして「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」では告白をして救いを求めるかのような自省的な曲。

1曲1曲がキャラクターが違うのですが、連続して聴いていっても飽きが来ない、そんな選曲になっています。アルバムの最初か最後に持っていきがちな定番の「主よ、人の望みの喜びよ」を中盤の第5曲に置いているのも絶妙です。ここで来たか、という気分になります。

印象的だったのはケンプが編曲した「シチリアーノ」。切ないメロディなのですが、メロディよりも伴奏がなぜか気になる不思議な曲です。

リストが編曲した「前奏曲とフーガイ短調BWV543」は、バッハの音楽がヴィルトゥオーソに様変わりしています。

情熱的なブラームス編曲のシャコンヌも、バッハというよりもブラームスの個性が出ていすね。

ただ、せっかくバッハを聴けるなら、平均律クラヴィーア曲集や6つのパルティータ、イタリア協奏曲あたりの、「編曲もの」ではないバッハを聴きたかったものですが、贅沢でしょうか。

SNSで集まったコロナ下の人々のバッハの願い。福間さんのピアノは慈愛に満ちていて、コロナ禍の不安や焦りを忘れさせてくれます。気付いたら聴き終わって最初からリピートで聴いてしまったアルバムです。

オススメ度

評価 :3/5。

ピアノ:福間 洸太朗
録音:2020年10月20-22日, 相模湖交流センター, ラックスマンホール

iTunesで試聴可能。

新譜のため未定。

Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
タグ
1976年 (17) 1977年 (11) 1978年 (13) 1979年 (11) 1980年 (12) 1987年 (12) 1988年 (12) 1989年 (11) 2019年 (16) アンドリス・ネルソンス (18) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (68) ウィーン楽友協会・大ホール (45) エジソン賞 (15) オススメ度2 (13) オススメ度3 (72) オススメ度4 (97) オススメ度5 (107) カルロ・マリア・ジュリーニ (25) カール・ベーム (27) クラウディオ・アバド (22) クリスティアン・ティーレマン (12) グラミー賞 (25) コンセルトヘボウ (31) サー・ゲオルグ・ショルティ (45) サー・サイモン・ラトル (20) シカゴ・オーケストラ・ホール (17) シカゴ・メディナ・テンプル (14) シカゴ交響楽団 (45) バイエルン放送交響楽団 (33) フィルハーモニー・ガスタイク (11) ヘラクレス・ザール (18) ヘルベルト・フォン・カラヤン (28) ベルナルト・ハイティンク (34) ベルリン・イエス・キリスト教会 (19) ベルリン・フィルハーモニー (30) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (58) マウリツィオ・ポリーニ (14) マリス・ヤンソンス (39) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (13) リッカルド・シャイー (20) レコードアカデミー賞 (22) レナード・バーンスタイン (11) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (38) ロンドン交響楽団 (11) ヴラディーミル・アシュケナージ (20)
アーカイブ