毎年1月1日の19時から、オーストリアの時間では11時から行われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサート。

昨日の2023年のコンサートではオーストリア出身の指揮者フランツ・ウェルザー=メストが2013年以来10年ぶりに指揮をとりました。

最後の1作品を除いて全てがニューイヤーで初めて取り上げる曲で、ウェルザー=メストのこだわりを感じたプログラムで、気品と茶目っ気のあるウィーンらしさを感じました。

そしてコンサート終了後に翌年の指揮者が発表されるのが恒例ですが、来年2024年はドイツ出身の指揮者、クリスティアン・ティーレマンと発表されました。

【ウィーンフィル公式】Das Neujahrskonzert 2024 wird von Maestro Christian Thielemann geleitet

ウィーンフィルのニューイヤーコンサート2024の指揮者に発表されたクリスティアン・ティーレマン
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート2024の指揮者に発表されたクリスティアン・ティーレマン。ウィーンフィルの公式HPより

ティーレマンと言えばウィーンフィルと2008年から10年にベートーヴェンの交響曲全集をライヴ録音(紹介記事)し、2019年からはブルックナーの交響曲全集に取り組んでいます(紹介記事)。

ウィーンフィルのニューイヤー・コンサートは2019年に初出演。5年ぶりの2回目の出演となります。

ブルックナーのアニバーサリー・イヤー

1824年生まれのブルックナーは2024年が生誕200年のアニバーサリー。アニバーサリーに合わせて交響曲全集を完成する予定のティーレマンがニューイヤーの指揮台にも立つというのは感慨深いですね。

ニューイヤー・コンサートで演奏される曲目はヨハン・シュトラウスのファミリーや関連する作曲家のワルツやポルカがメインですが、Wikipediaを見ると過去にもモーツァルト、シューベルト、ハイドン、リストなどのアニバーサリーの作曲家の作品が演奏されているので、ひょっとしたらブルックナーの小品がプログラムに入る可能性もあるかもしれないですね。

ティーレマンは2021年4月にバイエルン放送交響楽団にデビューしたり(紹介記事)、こちらの記事で紹介したようにシュターツカペレ・ベルリンに2022年6月にデビューし、12月の来日公演でもダニエル・バレンボイムの降板を受けて見事代役を果たしたり、とドイツの名門オーケストラでさらに活躍していますが、ブルックナーで縁を深めたウィーンフィルと、今後ますます活躍しそうですね。注目したいです。

Apple Music で2019年のニューイヤー・コンサートの演奏を試聴可能。

Category
Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
カテゴリー
タグ
1976年 (21) 1977年 (16) 1978年 (19) 1979年 (14) 1980年 (14) 1985年 (14) 1987年 (17) 1988年 (15) 1989年 (14) 2019年 (21) アンドリス・ネルソンス (21) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (83) ウィーン楽友協会・大ホール (59) エジソン賞 (19) オススメ度3 (80) オススメ度4 (116) オススメ度5 (148) カルロ・マリア・ジュリーニ (27) カール・ベーム (28) キングズウェイ・ホール (15) クラウディオ・アバド (24) クリスティアン・ティーレマン (18) グラミー賞 (29) コンセルトヘボウ (35) サー・ゲオルグ・ショルティ (54) サー・サイモン・ラトル (22) シカゴ・オーケストラ・ホール (23) シカゴ・メディナ・テンプル (16) シカゴ交響楽団 (53) バイエルン放送交響楽団 (35) フィルハーモニー・ガスタイク (16) ヘラクレス・ザール (21) ヘルベルト・フォン・カラヤン (33) ベルナルト・ハイティンク (37) ベルリン・イエス・キリスト教会 (22) ベルリン・フィルハーモニー (33) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (66) マウリツィオ・ポリーニ (17) マリス・ヤンソンス (42) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (18) リッカルド・シャイー (21) レコードアカデミー賞 (26) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (43) ロンドン交響楽団 (14) ヴラディーミル・アシュケナージ (28)
Categories